鯉山 鯉山町衆

鯉山について

鯉山史

鯉山の始まりは正式にはわかりませんが、室町時代後期の京都の姿をあらわした狂言「籤罪人(くじざいにん)」には 「毎年出る山」として趣向と町内が固定した山として登場しています。

江戸時代には町衆の繁栄とともに山鉾も豪華絢爛になっていきましたが、天明8年の大きな火災では被害を受け、 その復興の一環としてタペストリーの獲得に乗り出し、天保年間(1830〜44)には 鯉山が再建されたと記録されています。

幕末には禁門の変により「鯉」「タペストリー等の織物」以外は焼き尽されましたが、翌年には仮の町席にて祭事のみの居祭を行い、 慶応3年(1867)は唐櫃にて巡行に参加しました。

明治5年(1872)には町衆の寄付により、再建を成し遂げ、明治の末までに飾りを新調して、 現在の鯉山の原型が完成しました。

明応9(1500) 祇園祭が復興、「龍門の滝 六角室町と四条坊門との間也」の記述あり
天明8(1788) 天明の大火によって焼失
元治元(1864) 禁門の変により焼失
慶応3(1867) 唐櫃にて巡行参加
明治5(1872) 鯉山3度目の再興
明治5 社殿 寄進
明治18 町席 新築
明治22 鳥居 新調
明治22 欄縁金具 新調
明治27 鯉山大修理
明治33 角金具 新調
明治34 前額水引 新調
昭和18(1943) 太平洋戦争により中断
昭和25 タペストリーが重要文化財
昭和26 巡行に復帰
昭和40 財団法人に認定
昭和40 山にコマ(車輪)がつく
昭和41 合同巡行開始
平成23 後水引き 復元新調
平成24 公益財団法人に移行
平成26 あと祭復興
平成27 鯉山木組み新調
令和 2 東西胴掛け修繕完成

登龍門

登龍門とは、中国の故事が語源となっています。 昔、黄河の中流地域「函谷関(かんこくかん)」の上流、霊山に龍門(りゅうもん)という峡谷がありました。 龍門の峡谷は激流で普通の魚は登ることができず、そこを登りきれた魚は霊力が宿り、変じて龍になると言われていました。

この伝説になぞらえて、難関を突破して立身する事を「登龍門(龍門に登る)」と言うようになりました。 ちなみに竜は中国では皇帝の象徴とされていました。

日本では江戸時代になると子供の成長と出世を願い、各家で立てるようになったのが「鯉のぼり」だと言われています。 登龍門は日本の文化の中にしっかりと根付いているわけです。 「登龍門」「鯉の滝登り」「鯉のぼり」「龍門の滝」などいろんな表現がありますが、 それらは全て同じ語源から始まっている言葉なのです。

鯉山飾

鯉山の飾りは、大きな鯉が龍門の滝を跳躍しながら登る姿をあらわしています。前面に朱塗りの鳥居をたて、山の奥には朱塗りの小さな祠を安置し素戔嗚尊を祀り、その脇から下がる白麻緒は滝に見立てられています。

欄縁、角金具などはすべて波濤文様に統一されています。

前懸、胴懸二枚、水引二枚、見送は十六世紀にベルギーのブリュッセルで製作された一枚の毛綴(タペストリー)を 裁断して用いたもので、重要文化財に指定されています。昭和57年からはタペストリーの復元新調事業が始まり、現在は復元新調品を用いて巡行に参加しています。

鯉山の象徴である木彫の鯉と波は江戸時代の名工左甚五郎作と伝えられてきました。 木片の材質調査から、素材は1650年頃の檜であることが判明し、江戸時代前期に彫られた事が裏付けされる結果と成なりました。

胴掛けの両脇に使われている龍の刺繍は350年程前の婦人官服からの流用で、孔雀の羽が使われている高価なものである。前額水引には西洋草花文の刺繍(明治34年に新調。平成22年復元)、後ろ水引は中央に金地花唐草文様錦(明治34年新調、平成23年復元)、左右に花模様綴織(明治34年新調)と豪華な組み合わせとなっている。

金具類は吉岡華堂の図案を基に名工村田耕閑によって作られたもので、明治22年には雲文様の見送り掛け、波濤文様の欄縁一式。明治33年には見送り金具と角金具。見送り金具は雲模様の受け具と鶴の留め具が東西異なった意匠で彫られており、大小8つある角金具も全て異なった意匠の波濤模様と鶴が彫り込まれている凝ったものである。

他にも朱塗りの社殿や大峰山寺から伝来した真松にかける鯉の五鈷鈴など、貴重な品々によって鯉山は飾られています。

タペストリーについてはこちら

授与品

鯉山では宵山期間中に授与所を開設いたしております。厄除けチマキや登龍門のお守り等、鯉山でしか手に入らないものばかりです。祇園祭にお越しの際はぜひ鯉山にお立ち寄りください。